公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  トピックス  >>  What's New
トピックス
What's Newもどる
 
What's New
ニュースレター



 
一覧ページへ


大隈総裁のあいさつ


現在の日本工業倶楽部(千代田区丸の内1丁目)

2月5日は日本職業野球連盟が創立した日です
1936年2月5日に日本職業野球連盟(現在の日本野球機構)が創立し、今年80周年となります。

2月5日発行の当館ニューレターで、80年前の創立総会と披露宴について紹介していますが、先にホームページで掲載いたします。

--------------------------------------
日本職業野球連盟創立80周年

今年は日本職業野球連盟(現在の日本野球機構)の創立から80周年となります。80年前の1936(昭和11)年2月5日に東京巨人、大阪タイガース、名古屋、東京セネタース、阪急、大東京、名古屋金鯱の7チームの代表者が集まり、創立総会が開催されました。
『日本職業野球連盟公報第1号』によれば、日本職業野球連盟創立総会は東京・丸の内の日本工業倶楽部で、7チームから計34人が出席して行われ、連盟総裁に大隈 信常氏、大隈氏の指名により副総裁に安藤 信昭氏、松方 正雄氏(1986年殿堂入り)が就任し、正式に連盟創立となり、その後別室へ移動し、「日本球界の大先輩、六大学連盟の首脳者並びに都下新聞通信社の運動部諸氏を招待し」創立披露宴が行われたことが紹介されています。主な招待者は泉谷 祐勝氏、櫻井 弥一郎氏(60年殿堂入り)、島田 善介氏(69年殿堂入り)、平沼 亮三氏(79年殿堂入り)、松本 瀧蔵氏(2016殿堂入り)、太田 茂氏(72年殿堂入り)ら、当時の野球界の主要なメンバーでした。読売新聞によると、披露宴で大隈総裁から「連盟の統制と各チームの技術的進歩が理想通り行けばわれわれは近き将来において必ず米国との間に世界の争覇戦を行い得ると確信するものである」と挨拶があり、招待者の平沼氏、櫻井氏、泉谷氏、太田氏から挨拶の後、最後に平沼氏の発声で、“連盟万歳”を三唱して閉会と書かれています。
創立総会が行われた日本工業倶楽部は1917(大正6)年に実業家らにより「工業家が力を合わせて、わが国の工業を発展させる」ことを目的として創立され、現在も一般社団法人として活動しています。会場となった日本工業倶楽部会館は改修されていますが、当時の外観は残されて、今も同じ場所に建っています。
会館のどの場所で創立総会と披露宴が行われたのかは、大日本東京野球倶楽部の社員として出席していた野口 務氏が『巨人軍二十年史』の中で、創立総会の場所は2階の会議室で、披露宴は大食堂と述べており、日本工業倶楽部にお聞きしたところ、創立総会の場所は現在は大会堂となり、披露宴の場所は3階中ホールになっているそうです。

※『日本職業野球連盟公報第1号』は当館HP図書室のページのデジタルアーカイブで公開しています。『巨人軍二十年史』は図書室でご覧いただけます。

司書 茅根 拓

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.