公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  トピックス  >>  What's New
トピックス
What's Newもどる
 
What's New
ニュースレター



 
一覧ページへ


三島弥彦使用のインジケーター

三島弥彦使用のインジケーターを展示中!
 野球殿堂博物館では、三島弥彦の使用したインジケーターを歴史のコーナーに展示しています。
 三島は、第5代警視総監を務めた三島通庸の三男として生まれ、野球、ボート、陸上など、スポーツ万能で知られた選手でもありました。学習院では、主将として野球部をけん引。のちに東京帝国大学に進学しました。1912年には、日本初のオリンピック選手として、金栗四三とともにストックホルム大会に出場。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、生田斗真が三島を演じています。
 三島は選手としてのみならず、審判としても活躍しました。これは、三島が早慶戦で球審を務めた際に使用したもので、4ストライク、5ボールまでカウントできます。
 ぜひご覧ください。

2019/2/10掲載

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.