公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  展示  >>  展示トピックス
展示
展示トピックスもどる
 
展示について
展示トピックス
常設展示
企画展
収蔵品紹介
映像シアター



 
一覧ページへ


左から、野端啓夫 日本野球連盟専務理事、廣瀬館長

都市対抗野球大会の「アジア野球連盟パーソン杯」寄贈!
2015年7月28日、日本野球連盟より、都市対抗野球大会の優勝チームに贈られた「アジア野球連盟パーソン杯」が寄贈されました。
パーソン杯は、現在当館のアマチュア野球コーナーで展示中です。ぜひご覧ください!

パーソン杯について
1952(昭和27)年、フィリピンのアジア野球連盟会長(当時)チャールズ・パーソン氏から、戦争により悪化した日本とフィリピンの関係を早く打開するためにはスポーツ交歓が一番、という提案があり、日本社会人野球協会(現・日本野球連盟)との間で日比親善野球が実現。フィリピンチームは、同年5月24日の後楽園球場を皮切りに、静岡、山口、福岡などで日本の社会人野球チームと10試合を行い8勝2敗の成績で、この試合は両国の友好関係促進に大きな役割を果たしました(「日本野球連盟50年史」より抜粋)。

この功績を記念して、アジア野球連盟から日本社会人野球協会に対し「アジア野球連盟パーソン杯」が贈呈され、社会人チームの最高峰の大会である都市対抗野球大会の覇者に贈られることになりました。

1952年第23回都市対抗野球大会を制した全鐘紡(大阪市)から始まり、2014年第85回大会優勝の西濃運輸(大垣市)までの間、25都市、31チームを廻り、2015年第86回大会の開会式において日本野球連盟に返還されました。その後、多くの野球ファンにその名と功績を伝えていくため、2015年7月28日に野球殿堂博物館に寄贈されました。

2015/7/30掲載

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.