公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  展示  >>  展示トピックス
展示
展示トピックスもどる
 
展示について
展示トピックス
常設展示
企画展
収蔵品紹介
映像シアター



 
一覧ページへ



バレンティン選手 シーズン本塁打日本新記録達成56号ホームランボール、記録達成時使用スパイク展示
野球殿堂博物館では、ウラディミール・バレンティン選手のシーズン最多本塁打日本新記録となる56号ホームランボールと、記録達成時に使用していたスパイクを東京ヤクルトスワローズよりご寄贈いただきました。
当博物館エントランスホールにて、9月28日(土)より公開しています。

バレンティン選手は、9月15日(日)、神宮球場で行われた対阪神戦の一回第1打席で、56号本塁打を放ち、1964年に王貞治(巨人)、2001年にローズ(近鉄)、02年にカブレラ(西武)が達成したシーズン55本塁打のプロ野球記録を更新しました。また、三回第2打席では57号を、9月18日(水)の横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で58号を放ち、記録を更新しています。
ぜひご覧ください!

2013/9/28掲載

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.