公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  展示  >>  収蔵品紹介
展示
収蔵品紹介もどる
 
展示について
展示トピックス
常設展示
企画展
収蔵品紹介
映像シアター



 
一覧ページへ



年度(西暦) 昭和11(1936)年
タイトル 第2回全日本職業野球大阪リーグ戦
開催地(球場) 甲子園球場
サイズ 36cm×78cm
試合結果 11月14日 金鯱5−3セネタース 阪急17−5名古屋
11月15日 セネタース10−5大東京 タイガース6−0金鯱 巨人5−3阪急
11月16日 巨人10−1大東京 タイガース2−1名古屋
11月17日 金鯱3−2阪急 セネタース7−2名古屋
11月18日 タイガース5−3大東京 金鯱8−6巨人
11月19日 阪急10−0大東京 巨人3−0名古屋
11月20日 名古屋1−0金鯱 タイガース6−0セネタース
11月21日 金鯱8−4大東京  巨人7−5セネタース
11月22日 名古屋6−0大東京 タイガース2−1阪急
11月23日 阪急4−3セネタース 巨人7−2タイガース
解説 巨人軍、タイガースともに5勝1敗でこの大会の1位となった。
昭和11年秋の第2回全日本野球選手権試合は、プロ野球最初のペナントレースだとされている。9月から12月までリーグ戦大会4回とトーナメント大会2回が行われ、各大会の1位チームには1、1位が2チームの時はそれぞれ0.5という勝点制で優勝を争った。この結果巨人とタイガースが 勝点2.5で並んだため、年度優勝決定戦が行われ、2勝1敗で巨人が優勝した。



ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.