公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  展示  >>  収蔵品紹介
展示
収蔵品紹介もどる
 
展示について
展示トピックス
常設展示
企画展
収蔵品紹介
映像シアター



 
日本野球の歴史

野球伝来から近代野球へ
1872(明治 5) 第一大学区第一番中学
(のちの開成学校、現在の東京大学)のアメリカ人教師、
ホーレス・ウィルソンがベースボールを伝える。
1878(明治11) アメリカより帰国した平岡●(●=にすいに煕)が、
わが国初の本格的野球チーム「新橋アスレチック
倶楽部」を結成。
1894(明治27) 中馬庚がベースボールを「野球」と訳す。
1896(明治29) 第一高等学校が横浜外国人チームに勝利し、
野球人気が全国的に高まる。
1903(明治36) 早慶戦が始まる。
1905(明治38) 早大チームが初の米国遠征を行い、
最新の野球技術を学んで帰国。
1906(明治39) 応援の過熱により、早慶戦が中止となる。
1907(明治40) 慶大が初めて外国チーム(ハワイ・セントルイス)を
招待し、初の有料試合を行う。
     
夏の甲子園大会始まる
1915(大正 4) 全国中等学校優勝野球大会 
(現在の夏の甲子園大会)が始まる。
1918(大正 7) 鈴鹿栄が少年野球用に軟式ボールを発明した。
1920(大正 9) 最初のプロチーム日本運動協会(芝浦協会)が誕生。
関東大震災の後、関西へ移り宝塚協会となるが、
1929年に解散。
1924(大正13) 全国選抜中等学校野球大会
(現在の春の甲子園大会)が始まる。
  甲子園球場完成。
1925(大正14) 秋季より早慶戦が復活、東大の加盟により
東京六大学リーグ戦始まる。
1926(大正15) 明治神宮球場完成。
     
大リーグ来日 日本プロ野球誕生となる
1927(昭和 2) 都市対抗野球大会始まる。
  夏の甲子園大会が初めてラジオで実況放送される。
1929(昭和 4) 早慶戦で天覧試合が行われ、
東京六大学の全盛時代となる。
1931(昭和 6) ルー・ゲーリッグら米大リーグ選抜チーム来日。
1932(昭和 7) 文部省が「野球統制の訓令」を施行。
1933(昭和 8) 中京商業が夏の甲子園大会3連覇を達成。
  日本初のナイターが戸塚球場で行われる。
(早大二軍対早大新人戦)
1934(昭和 9) ベーブ・ルースら米大リーグ選抜チーム来日。
この時対戦した全日本チームが中心となり
大日本東京野球倶楽部
(現在の読売ジャイアンツ)が誕生。
1936(昭和11) 東京巨人、大阪タイガース、阪急、名古屋金鯱、名古屋、
大東京、東京セネタースの7球団により
日本職業野球連盟創立。
1937(昭和12) 西宮、後楽園両球場完成。
1943(昭和18) 戦争激化で学生野球は中止。
1944(昭和19) プロ野球も一時休止となる。
     
戦後の飛躍そして2リーグ制へ
1945(昭和20) 11月18日に神宮で全早大対全慶大を挙行。
プロ野球も11月23日に東西対抗を行った。
1946(昭和21) 学生野球、社会人野球、プロ野球が復活。
1948(昭和23) 横浜ゲーリッグ球場(横浜スタジアム)で
プロ野球の初ナイターが行われる。
1949(昭和24) サンフランシスコ・シールズ(3A)が戦後初の
アメリカプロ野球チームとして来日。
1950(昭和25) セントラル、パシフィックの2リーグ制が始まる。
1951(昭和26) プロ野球にコミッショナー制度がしかれる。
1952(昭和27) 全日本大学野球選手権大会が始まる。
1953(昭和28) テレビの野球実況放送が始まる。
1959(昭和34) 野球体育博物館(現 野球殿堂博物館)開館。
1962(昭和37) 作新学院が、春夏甲子園に初の連続優勝。
1965(昭和40) プロ野球新人選択会議(ドラフト)始まる。
1969(昭和44) 10月10日、金田正一投手は通算400勝を達成。
1973(昭和48) パ・リーグが2シーズン制を採用(1982年まで)
  川上哲治監督率いる巨人軍は
9年連続日本シリーズ優勝。
1975(昭和50) パ・リーグが指名打者制(DH)を採用。
1977(昭和52) 9月3日、王貞治選手はハンク・アーロン選手の
記録を破る通算756本塁打を達成。
1983(昭和58) 6月3日、福本豊選手はルー・ブロック選手の
記録を破る通算939盗塁達成。
1984(昭和59) ロサンゼルスオリンピックの公開競技で
全日本チームは金メダル獲得。
1987(昭和62) 6月13日、衣笠祥雄選手はルー・ゲーリッグ選手の
記録を破る2131試合連続出場達成。
1988(昭和63) 日本初の屋根付き球場東京ドームが完成し、
野球体育博物館(現 野球殿堂博物館)はドーム内に移転。
     
大リーグで日本人選手が大活躍
1992(平成4) バルセロナオリンピックから野球が
正式種目となり、銅メダル獲得。
1993(平成5) プロ野球にフリーエージェント制(FA)が導入される。
1994(平成6) イチロー選手は藤村富美男選手の記録を破り、
シーズン210本安打を達成。
1995(平成7) ロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄投手が、
ナ・リーグ新人王となる。
1996(平成8) アトランタオリンピックで全日本チームは銀メダル獲得。
2000(平成12) シドニーオリンピックでプロアマ合同の全日本チームは4位に終わる。
2001(平成13) シアトル・マリナーズのイチロー選手がア・リーグ新人王
MVPに輝く。
  福岡ドーム(1993)、ナゴヤドーム、大阪ドーム(97年)、
西武ドーム(99年)に続き、札幌ドーム完成。
2004(平成16) アテネオリンピックで日本代表は銅メダル獲得。
  イチロー選手(マリナーズ)はジョージ・シスラー選手の
記録を破り、シーズン262安打を達成。
  球団統合問題に端を発し、選手会が史上初のストライキを行った。
2005(平成17) セ・パ交流試合(各チームは各カード6試合、
合計36試合行う)が始まる。






















































































ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.