公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  展示  >>  企画展
展示
企画展もどる
 
展示について
展示トピックス
常設展示
企画展
収蔵品紹介
映像シアター



 
一覧ページへ


1908年リーチ・オール・アメリカン


2014年日米野球ノーヒッター ボール



企画展 「日米野球110年」
会 期   2018年10月13日(土)〜11月18日(日)
主 催   公益財団法人 野球殿堂博物館
会 場   野球殿堂博物館 企画展示室

 1908年に「リーチ・オール・アメリカン」が来日。これがプロ選手が来日した初の「日米野球」で、11月22日の早大との初戦にて、日本初といわれる大隈重信早大総長の始球式が行われました。
 それから110年となる2018年、4年ぶりに開催される「日米野球」にあわせ、「日米野球」の長きにわたる歴史と、その歴史を彩ったスター選手たちを紹介する企画展を開催します。
 当博物館がこれまでに収集してきた歴代の来日メジャーリーガーのユニホームやバット、グラブなどの用具に加え、ポスターや入場券、サインボールなど様々な資料を展示します。
 また、前回の日米野球では侍ジャパンが大リーグ選抜と対戦、第3戦で侍ジャパンが4投手の継投でノーヒッターで勝利するなど、3勝2敗で1990年以来史上2度目の勝ち越しに成功しました。このノーヒッターのウイニングボールを始め、日本チームのユニホームなどの関連資料も展示します。

2018/9/13掲載

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.