公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  ご利用ガイド  >>  「日本野球発祥の地」記念碑
ご利用ガイド
「日本野球発祥の地」記念碑もどる
 
アクセス・利用案内
館内マップ
ミュージアムショップ
パンフレットダウンロード
団体申込
体験学習申込
取材・撮影申込



 
「日本野球発祥の地」記念碑






「日本野球発祥の地」記念碑は、日本に野球を伝えたホーレス・ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、2003年に当博物館と社団法人学士会により、学士会館敷地内(東京都千代田区神田錦町3丁目)に建立されました。

同碑の除幕式は2003年12月6日(土)に開催。学士会の團藤重光理事長をはじめ日本野球連盟の山本英一郎会長(当館理事・当時)、日本学生野球協会の松前達郎会長(当館理事)、プロ野球の川島廣守コミッショナー(当館理事長・当時)らが出席し、神事の後に除幕しました。

ボールを握る右手をかたどった記念碑はブロンズ製で高さ237cm、製作者は彫刻家の松田光司氏、手のモデルはウィルソン氏の教え子の後輩ということで東京大学野球部主将(当時)が務めました。

碑 文
この地には、もと東京大学およびその前身の開成学校があった。
一八七二(明治五)年学制施行当初、第一大学区第一番中学と呼ばれた同校でアメリカ人教師ホーレス・ウィルソン氏(一八四三〜一九二七)が学課の傍ら生徒達に野球を教えた。この野球は翌七三年に新校舎とともに立派な運動場が整備されると、本格的な試合ができるまでに成長した。これが 「日本の野球の始まり」といわれている。 七六年初夏に京浜在住のアメリカ人チームと国際試合をした記録も残っている。
ウィルソン氏はアメリカ合衆国メイン州 ゴーラム出身、志願して南北戦争に従軍した後、七一年九月にサンフランシスコで日本 政府と契約し、来日。七七年七月東京大学が発足した後に満期解約、帰国した。 同氏が教えた野球は、開成学校から同校の予科だった東京英語学校(後に大学予備門、第一高等学校)その他の学校へ伝わり、やがて全国的に広まっていった。 二〇〇三年、同氏は野球伝来の功労者として野球殿堂入りした。
まさにこの地は 「日本野球発祥の地」である。

二〇〇三年十二月 財団法人 野球体育博物館

写真上 「日本野球発祥の地」記念碑
写真中 除幕式の様子
写真下 左から、学士会 團藤重光理事長、日本野球連盟 山本英一郎会長(当館理事・当時)、プロ野球 川島廣守コミッショナー(当館理事長・当時)、日本学生野球協会 松前達郎会長(当館理事)
写真提供 社団法人 学士会

>> 「日本野球発祥の地」記念碑までのアクセス
野球殿堂博物館から徒歩約15分

社団法人 学士会 ホームページ http://www.gakushikai.or.jp/

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.