公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  野球殿堂  >>  殿堂ニュース
野球殿堂
殿堂ニュースもどる
 
野球殿堂とは?
殿堂ニュース
殿堂入りリスト
リスト検索
表彰式フォトギャラリー



 
一覧ページへ

平成28年 野球殿堂入り決定!!
競技者表彰委員会・プレーヤー表彰からは斎藤 雅樹氏工藤 公康氏が、エキスパート表彰からは故・榎本 喜八氏が選出されました。また、特別表彰委員会からは故・松本瀧蔵氏と山中 正竹氏が野球殿堂入りとして選出されました。

斎藤 雅樹 さいとう まさき

生年月日: 1965年2月18日
出身地: 埼玉県
出身校: 市立川口高
履歴・球歴
市立川口高
1983〜2001年  巨人

プロ野球(実働18シーズン 投手 右投右打)
426試合 180勝 96敗 2375.2回 1707奪三振
防御率 2.77
最高勝率3回(1990、92、96) セ記録
最優秀防御率3回(1989〜90、96) セ記録
最多勝利5回(1989〜90、92、95〜96) セ記録 
最多奪三振1回(1995)
最優秀選手1回(1990)
最優秀投手5回(1989〜90、92、95〜96)
沢村賞3回(1989、95〜96)
ベストナイン5回(投手) セ記録 
ゴールデングラブ賞4回
最多連続試合完投勝利11(1989.5.10〜7.15) 日・セ記録
防御率ベストテン入り9回 オールスター6回

1982年のドラフト1位で巨人に入団。’89年に11試合連続完投勝利のプロ野球記録をつくり、20勝7敗、防御率1.62で最多勝、最優秀防御率の2冠を獲得し、沢村賞にも選ばれるなど、チームのリーグ優勝、日本一に貢献。’95年は18勝10敗で最多勝、’96年には最多勝と最優秀防御率の2冠を獲得して、2年連続3回目の沢村賞に選ばれるなど、エースとして活躍。最多勝利5回はスタルヒンの6回に次ぐ歴代2位。


工藤 公康 くどう きみやす

生年月日: 1963年5月5日
出身地: 愛知県
出身校: 名古屋電気高
履歴・球歴
名古屋電気高  
1982〜94年  西武
1995〜99年  ダイエー
2000〜06年  巨人
2007〜09年  横浜
2010年  西武

プロ野球(実働29シーズン(日記録) 投手 左投左打)
635試合 224勝 142敗 3336.2回 2859奪三振 
防御率3.45
最高勝率4回(1987、91、93、2000) 日記録
最優秀防御率4回(1985、87、93、99) 
最多奪三振2回(1996、99)
最優秀選手2回(1993、99) 最優秀投手1回(2000) 
ベストナイン3回(投手) ゴールデングラブ賞3回 
正力賞1回(1987)
イニング最多奪三振4(1996.8.2) 日・パ記録
イニング最多連続与四球5(1991.5.23) 日・パ記録
最多連続打席無安打(連続シーズン)84(2000.4.11〜2002.7.26) セ記録
防御率ベストテン入り11回 オールスター10回

1981年のドラフト6位で西武に入団。’86年に11勝をあげリーグ優勝に貢献。日本シリーズでも投打に活躍しMVPを受賞。西武では11回のリーグ優勝、8回の日本一に貢献。ダイエーでも’99年に11勝をあげ、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得し、チームをリーグ優勝と日本一に導いた。巨人では’00年、’02年に、日本一となる。日本シリーズに王 貞治と並ぶ史上最多の14年出場し11回日本一、3球団で勝利投手となった唯一の選手。実働29年は山本 昌、中島 聡とともにプロ野球記録。


榎本 喜八 えのもと きはち

生年月日: 1936年12月5日
没年月日: 2012年3月14日
出身地: 東京都
出身校: 早稲田実
履歴・球歴
早稲田実  
1955〜57年  毎日
1958〜63年  大毎
1964〜68年  東京
1969〜71年  ロッテ
1972年  西鉄

プロ野球(実働18シーズン 内野手 左投左打)
2222試合 7763打数 2314安打 979打点 246本塁打
打率.298
首位打者2回(1960、66) 最多安打4回(1960〜62、66)
最高出塁率1回(1966) 新人王(1955) 
ベストナイン9回(一塁手) パ記録  
一塁手シーズン最高守備率.999(1968) パ記録
一塁手最多連続守備機会無失策(シーズン)1128 (1968.4.6〜9.3) 日・パ記録
一塁手最多連続守備機会無失策(連続シーズン)1516 (1967.8.13〜68.9.3)日・パ記録
打率ベストテン入り10 回 オールスター12回

1955年にテストを受け毎日に入団し、高卒新人ながら開幕戦で「5番」デビューを果たす。この年139試合に出場し、146安打、打率.298で新人王を獲得。’60年には首位打者、最多安打を記録し、チームのリーグ優勝に貢献した。1年目から15年連続100安打以上を記録し、7年目には1000安打を達成。プロ野球史上最年少の31歳7カ月で2000本安打に到達。また、大毎時代は「ミサイル打線」の主軸として活躍し50年代、60年代を代表する「安打製造機」といわれた。

松本 瀧蔵 まつもと たきぞう

生年月日: 1901年3月20日
没年月日: 1958年11月2日
出身地: 広島県
出身校: 旧制広陵中学
履歴・球歴
1925〜30年 明治大学
1932〜58年 明治大学で教壇に立つ。
昭和8(1933)年から准教授、昭和14(1939)年から教授となる。
1936年 ベルリンオリンピックに調査員兼外国関係主事として参加。
1946〜58年

衆議院議員
戦後初の衆議院選挙立候補し当選。以後5回当選。
外務政務次官、官房副長官を歴任。

1946年 明治大学 理事
1948〜58年 日本体育協会 理事
1949年 サンフランシスコ・シールズ来日の際の日本側実行委員長
1950年 第一回日米野球選手権(ケープハーツ来日)日本側代表委員
1955〜58年 社会人野球協会副会長

戦後の野球復興に貢献。幼少期に家族でアメリカに渡る。アメリカから帰国後、広陵中学に編入し、卒業後明治大学へ。29年明大野球部の世界一周遠征にマネージャーとして参加。
戦後、英語力を生かし、選抜高校野球大会の復活など、野球復興のための様々な交渉に携わる。サンフランシスコ・シールズが戦後初めてプロ野球チームとして来日した際には、日本側の実行委員長、第一回日米野球選手権で、ケープハーツが来日した際にも代表委員を務める。また49年に社会人野球協会が発足した際には顧問、55年からは副会長を務めた。

山中 正竹 やまなか まさたけ

生年月日: 1947年4月24日
出身地: 大分県
出身校: 法政大学
履歴・球歴
1966〜70年 法政大学
一年春から投手として活躍し、一年先輩の山本浩二、田淵幸一、富田 勝の「法政三羽ガラス」と共に、法政大学の黄金時代を築く大きな原動力となり、在学4年間で残した通算48勝(13敗)は、東京六大学リーグの歴代最多勝記録である。
1970〜80年 住友金属
1970年から75年まで、6年連続で、住友金属のエースや補強選手として都市対抗野球大会に出場するなど、社会人野球を代表する選手としてアマチュア野球の歴史に名を残す。
1981〜84年 住友金属監督
82年に第53回都市対抗野球大会に優勝し、83年、84年と社会人野球日本選手権を連覇した。
88年ソウル・オリンピックでは、日本代表投手コーチとして銀メダルを獲得。
92年野球が正式種目になったバルセロナ・オリンピックでは日本代表監督として銅メダルを獲得。
1994〜2002年 法政大学監督
リーグで7度、全日本大学野球選手権大会に1度優勝する等、指導者としても黄金時代を築く。
2003〜09年 横浜ベイスターズ専務取締役
その間、ワールド・ベースボール・クラシックの技術委員、日本野球機構ドラフト制度検討委員会委員長などを歴任。

法政大学で一年春から投手として活躍、松永怜一監督のもと法大の黄金時代を築く大きな原動力となり、東京六大学リーグの歴代最多勝記録となる通算48勝をあげた。卒業後、住友金属へ進み6年連続で都市対抗に出場、1981年から監督となり82年都市対抗優勝。92年バルセロナ五輪の監督として銅メダルを獲得。94年から法大の監督となり、リーグ優勝7回、全日本大学野球選手権大会優勝1回を達成。アマチュア野球界でプレーヤーとして、また指導者としても活躍し、球界の発展に貢献した。


ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.