公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  野球殿堂  >>  殿堂ニュース
野球殿堂
殿堂ニュースもどる
 
野球殿堂とは?
殿堂ニュース
殿堂入りリスト
リスト検索
表彰式フォトギャラリー



 
一覧ページへ

平成18年度 野球殿堂入り決定!!
競技者表彰委員会からは門田博光氏高木守道氏山田久志氏、特別表彰委員会からは川島廣守氏豊田泰光氏が本年度の野球殿堂入りとして選出されました。

門田 博光 かどた ひろみつ

生年月日: 1948年2月26日
出身地: 山口県
出身校: 天理高校
履歴・球歴
天理高校1965年 第47回全国高等学校野球選手権出場
1966年〜1969年 クラレ岡山
1970年〜1988年 南海
1989年〜1990年 オリックス
1991年〜1992年 ダイエー

プロ野球(実働23シーズン 外野手・指名打者 左投左打)
2571試合 8868打数 2566安打 1678打点 567本塁打(歴代3位) 打率.289
'81・'83・'88年 本塁打王
'71・'88年 打点王
'81・'87・'88年 最高出塁率
'88年 最優秀選手
'88年 正力賞
シーズン最多満塁本塁打4('83年・パ記録)
通算最多四球1273(パ記録)
ゲーム最多四球5('88年・パ記録)
打率ベストテン入り8回
ベストナイン7回(パ指名打者4)
オールスター14回

'70年ドラフト2位で南海に入団し、翌年3番に抜擢され、この年打率.300、31本塁打、120打点を記録して打点王を獲得した。
'79年2月大方キャンプ中にアキレス腱を切断して約1年間治療に専念し、翌年には41本塁打を打って復活した。
40歳となった'88年初めて全試合に出場して、打率.311、44本塁打、125打点で2冠を獲得し、史上最年長のMVPに選ばれた。

高木 守道 たかぎ もりみち

生年月日: 1941年7月17日
出身地: 愛知県
出身校: 県岐阜商業
履歴・球歴
県岐阜商業 1957年 第39回全国高等学校野球選手権大会出場
 1959年 第31回選抜高等学校野球大会出場 準優勝
1960年〜1980年 中日
1981年〜1983年 中日 コーチ
1984年〜1985年 中日 二軍監督
1986年 中日 コーチ(7月〜閉幕 監督代行)
1992年〜1995年 中日 監督

プロ野球(実働21シーズン 内野手 右投右打)
2282試合 8367打数 2274安打 813打点 236本塁打 打率.272
'63・'65・'73年 盗塁王
最多連続打数本塁打4('77年日本記録)
打率ベストテン入り6回
ベストナイン7回
ゴールデングラブ賞3回
オールスター4回

監督成績
5年 499試合 244勝249敗6分 勝率.495

'59年に県岐阜商高で選抜大会準優勝。'60年に中日に入団。高校時代から攻走守の三拍子を備えた名二塁手で、“いぶし銀”の活躍を見せた。
二塁手で7度のベストナインは2リーグ制以降で最多。また、バックトスの名手でゴールデングラブ賞も3回獲得。'63、'65、'73は盗塁王。'78年には通算2000本安打を達成した。

山田 久志 やまだ ひさし

生年月日: 1948年7月29日
出身地: 秋田県
出身校: 能代高校
履歴・球歴
能代高 
富士鉄釜石 1967年 第38回都市対抗野球出場
 1968年 第39回都市対抗野球出場
 1969年 第40回都市対抗野球出場
1969年〜1988年 阪急 ('69年8月入団)
1994年〜1996年 オリックス コーチ
1999年〜2001年 中日 コーチ
2002年〜2003年 中日 監督

プロ野球(実働20シーズン 投手 右投右打)
654登板 284勝 166敗 3865回 2058奪三振  防御率3.18
'71・'76・'78・'79年 最高勝率
'71・'77年 最優秀防御率
'72・'76・'79年 最多勝利
'76・'77・'78年 最優秀選手
防御率ベストテン入り14回
ベストナイン5回
ゴールデングラブ賞5回
オールスター13回

監督成績
2年 260試合 128勝 127敗 5分 勝率.502

'69年ドラフト1位で阪急に入団し、翌年には10勝をあげ、以後17年連続2桁勝利、12年連続開幕投手、投球回数200イニング以上13回(8年連続を含む)、3年連続MVP('76〜'78年)、'76年には自己最高の26勝をあげるなど、独特のサブマリン投法で阪急のエースとして活躍した。

川島 廣守 かわしま ひろもり

生年月日: 1922年2月27日
出身地: 福島県
出身校: 中央大学
履歴・球歴
1942年 中央大学法学部卒業
1967年 警察庁警備局長
1971年 内閣調査室長
1973年 田中内閣官房副長官
1979年 鉄建公団総裁
1984年 セントラル・リーグ第4代会長就任
1997年 勲一等瑞宝章受章
1998年 プロ野球第10代コミッショナー就任

1988(昭和63年)、日米野球協定の見直しに着手。
その後、日米球界連絡強化策を打ちだし、2000(平成12年)3月米大リーグ開幕戦の日本での開催を実現させた。
2003(平成15年)には、選抜高校野球の開会式に出席するなど、セ・リーグ会長時代からのプロ・アマ協調体制を確立し、現役プロ選手と高校球児のシンポジウム「夢の向こうに」の開催にも尽力。
2004(平成16年)には高野連と「新人選手選択に関する覚書」に調印し、プロ・アマの雪解けを加速させた。
セ・リーグ会長14年、コミッショナー2期6年の合計20年間の長期に亘り、プロ野球界の発展に寄与した。

豊田 泰光 とよだ やすみつ

生年月日: 1935年2月12日
出身地: 茨城県
出身校: 水戸商業
履歴・球歴
水戸商業 1952年 第34回全国高等学校野球選手権大会出場
1953年〜1962年 西鉄
1963年〜1964年 国鉄
1965年〜1968年 サンケイ
1969年 アトムズ
1972年 近鉄 コーチ

プロ野球(実働17シーズン 右投右打 内野手)
1814試合 6137打数 1699安打 263本塁打 888打点 打率.277
'53年 新人王
'56年 首位打者
ベストナイン6回
オールスター9回

西鉄入団1年目から遊撃手のレギュラーとなり、打率.281、27本塁打という高卒新人としては、異例の好成績で新人王を獲得。
27本塁打は1986(昭和61年)清原(西武)に破られるまで、高卒ルーキーの最多記録だった。
1956〜58(昭和31〜33年)日本シリーズ3連覇を達成した西鉄黄金期にはクリーンアップを打ち、優勝に貢献した。
17年間の現役生活は、「大舞台に強い打者」として一世を風靡した。
引退後は近鉄のコーチを務め、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の野球評論で活躍。
バットの原材料となるアオダモの資源育成にも尽力している。

ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.