公益財団法人野球殿堂博物館
ホームへ戻る
アクセスQ&Aサイトマップ

HOME  >>  野球殿堂  >>  詳細情報
野球殿堂
殿堂者詳細情報もどる
 
野球殿堂とは?
殿堂ニュース
殿堂入りリスト
リスト検索
表彰式フォトギャラリー



 
鈴鹿 栄 すずか さかえ

軟式ボールを考案し野球の普及に尽力

年度: 2003年
表彰区分: 特別(新世紀)
出身地: 京都府
生年月日: 1888年10月17日
没年月日: 1957年9月1日
出身校: 市立京都商業学校(現:西京商業高校)

 ■ 顕彰文
大正5年に京都市の小学校の教員グループが組織した、京都少年野球研究会に参加し、少年向きの野球ルールと適切なボールの研究開発を試みていた。あるときゴム靴の裏の滑り止めからヒントを得て、ゴムボールに靴底を張り付けたボールを試作した。さまざまな試行錯誤の結果、大正7年に子供のプレーに適した安全で安価な用球としてゴム製少年野球ボールを考案した。大正11年には大人用のボールも製品化され、大人の軟式野球も普及することになった。軟式野球は我が国最大の人口を持つスポーツであり、その普及と発展に対する功績は非常に大きい。


ページTOPへ
 

ご意見ご要望 プライバシーポリシー サイトポリシー

Copyright (C) 公益財団法人野球殿堂博物館 THE BASEBALL HALL OF FAME AND MUSEUM All rights reserved.