野球殿堂博物館 創立50周年記念特別サイト

野球殿堂表彰式フォトギャラリー

フォトギャラリーについて

野球殿堂表彰式フォトギャラリーについて

野球殿堂は、日本野球の発展に大きな貢献をした方々の功績を永久に讃え、顕彰するために1959年に創設されました。殿堂入りされた方々の表彰レリーフ(ブロンズ製胸像額)を、野球体育博物館内の殿堂ホールに掲額し、永久にその名誉を讃えます。

この「野球殿堂表彰式フォトギャラリー」では、1959年の野球殿堂創設以来の表彰式の模様をご紹介します。

1959年の第1回野球殿堂入りの発表は、当博物館開館に先立つ1959年5月1日に行われ、9氏が最初の殿堂入りとなりました。そして6月12日の開館式で正力氏、平岡氏の肖像画、沢村氏をはじめ7氏のレリーフを公開しました。1960年表彰式は、レリーフのお披露目を兼ねて翌年(※1)12月5日に館内で開催しました。1962年表彰式を翌年のオールスターゲームで開催して以来、野球殿堂入り表彰式は恒例行事として毎年オールスターゲームで開催(※2)されています。

※1 当初〜1974年は規定で毎年11月に投票を実施し、その年の殿堂入りとして発表、翌年に表彰式を開催した。1975年末に毎年1月の投票に変更、翌76年から、1月の殿堂入り発表、同7月の表彰式となった。
※2 例外として、夏の高校野球選手権大会会期中の甲子園球場等、殿堂入りの方のゆかりの場所で開催することもある。

年代

page top